気脈鑑定


気脈鑑定とは『波動の映像化』を言います。
簡単にたとえるなら生体テレビジョンといったところでしょうか。電波の代わりに相手の気脈からの「気の流れ」等を感じて、感じたことを第三の目が映像化し、閃いたイメージをお伝えします。
「人の波動を私の感性で感じ取り、夢を見るように浮かんだ画像をお伝えする」
これが気脈鑑定です。
気脈鑑定を行うには、「映像化力」と「感性力」の二つが必要です。
この二つの能力は、人がまだ「言葉」を得る前の潜在能力であり、人が得ている大量の情報のうち、通常は意識していない「気の流れ」等をイメージして映像化することにより認知する「無意識情報の認知」といった能力を訓練することにより気脈鑑定ができるようになります。
あなたの気脈を感じて、その意味をお伝えします。
  • 強く見えること(運勢、前世など)
  • あなたの本質(性格〔気〕、健康、仕事など)
  • 周りの人との人間関係(恋愛、家族関係、出会いなど)
  • 生活環境など(気の流れを阻害するものなど)
  • その他

気脈鑑定

  1. 集合無意識データ(モニタ)
  2. DNA データ
  3. 認知

気脈鑑定能力

  1. 波動映像画(モニタ)
  2. 閃き
  3. 周波数の調整